ひびまみ

フリーランス英日/日英翻訳者「まみ」のインドアライフ♪

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

カルジェルフレンチを、ポリッシュでアレンジの巻 



ゴールデンウィーク直前に、シンプルなフレンチネイルをカルジェルで作ってもらいました。いつもならカラージェルやら、ネイルシールやら、ラメやらを使ってアートを楽しむのですが、この時は法事を控えていたために、こんな感じに。

1週間ほど経ち法事も無事終了した後は、ネイルもちょっぴりアレンジ。
ベースになるフレンチネイルはそのままに、アクリル絵の具でちょこっとお絵かきしてみました。春というか初夏なのにセピア色・・・ってのは気にしない、気にしない(笑)。ちなみに小花の真ん中は水色のドットです。


それからさらに1週間ほど経過すると、爪が伸びてきて仕事がしにくくなってきました。そこでまずは、少し長さを調整することに(ジェルごとファイルできます)。次に、カルジェルの上からカルジェル用トップコートを塗り、その上から今度はポリッシュを使ってアレンジです。今回はちょっと気分を変えて、藤色でフレンチ。まず、essieのマットな藤色#279 ST.LUCIA LILACで爪の先端部分を塗ります。次に、Sally Hansenの紫色ラメ入りポリッシュを紙パレットに適量取り、細筆でラインを入れていきます。前週のネイルよりも、少し季節にあった印象になった気がします(気のせい? 笑)。


その後1週間ほどすると、爪先端部分もさることながら、爪の根元もかなり気になります。カルジェルは透明であってもそこそこ厚みがあるので、自爪との段差がハッキリ見えちゃうんですよね~。というわけで、前週のポリッシュをいったん除光液で落としたら、カルジェル用のトップコートをまず段差部分にぽってりと置き、できるだけ段差が目立たないようにしつつ(でもやっぱり目立つね・・・)、爪全体にもトップコートを塗ります。

そして、今度は爪先端を大好きな黒に♪


OPIのマットな黒色 #NLTO2 BLACK ONYXで爪の先端部分を塗り、クリア部分との境目にうっすらとシルバーラメをおきます(先ほどと同じく、細筆で)。その中央にはネイルシールを。もともとはお花が連なったレースっぽいシールなのですが、それを1つずつ切り離して貼ってあります。手軽にアートができる便利アイテムですネ☆

このアートで1週間ほど過ごした後はカルジェルを落とし、久しぶりに普通のポリッシュでアートしました(それはまたの機会に♪)。ジェルでコーティングされていない自分の爪は、前回のネイル記事でも書きましたが、やっぱりカサカサでペラペラ(悲)。頑張って伸ばしても、これまでの経験から考えるとある程度のところで折れてしまうと思うので、これからは「ちょい短めの爪」で楽しめるアートを考えていきたいと思います(・・・といいつつ、また暫くしたらカルジェルもしたいなあ~)。

カテゴリ: ネイルアート

[edit]

Posted on 2007/06/04 Mon. 00:40    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Bookmarks

Now on Instagram

My favorite blogs

Twitter

My bookshelf

Search in this blog

Send mail

Access counter

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。