ひびまみ

フリーランス英日/日英翻訳者「まみ」のインドアライフ♪

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

『夢をかなえるゾウ2 ~ガネーシャと貧乏神~』 



水野敬也 著の『夢をかなえるゾウ2 ~ガネーシャと貧乏神~』を読みました。


2008年にテレビドラマ化までされた人気自己啓発本『夢をかなえるゾウ』の第2弾です。今月下旬には文庫版も発売される予定ですね(私はKindle版を読んだよ)。

今回もまた、うまくいかずにくすぶる若者の前にガネーシャが現れ、ガネーシャの厳しい指導(?)のもと、若者が見事な成長を遂げる・・・という流れなんですが、今回は神は神でも貧乏神が登場。この本の主人公はドラマチックとも言えるほどの成長を遂げる若者なはずなのに、私の中では「むしろ貧乏神が主人公??」と思えてしまったほどのキャラの持ち主でした(思い出しても笑えるシーン多数・笑)。そしてこの貧乏神、物語全編に渡って、いろんなことを教えてくれます。「いかにも今、教えを授けてるッ!!」みたいな感じではなく、自然な会話の中でするするっと。

これまで読んだ物語仕立ての自己啓発本は、読者に対する「教え」をすべて網羅する必然性からか、ストーリーが不自然にあっちこっち寄り道してしまう印象がありました(私だけかなあ?)。今回の『夢をかなえるゾウ2』は、そういう不自然さが全然なくて、しかも単純に面白い話としても楽しめて、気づいたらあっという間に読み終わってしまっていました。

ちなみに、今回のテーマは「お金」です。

幸せなお金持ちになる道を示してくれる一冊です。そうは言っても、「玄関に鏡をなんとかかんとか」とか「お財布の形はああでこうで」といった「ほんとにこれでお金持ちになれるの~?」的な小ネタはなくて、どっちかというと、もうちょい抽象的ではあるけど、「気の持ちよう」的なポイントがメインなように思います。そんでもって、正直なところ、この本に特に新しい情報はありません。自己啓発本を過去10冊程度も読んでいれば、「同じようなことを誰かがどこかで言ってたな~」って思っちゃう感じです。でもね、それが分かりやすく説明されてるんですよね。「おもしろー(笑)」って読んでたら、いつの間にか説明されてて、「ほほう」と。そして今回、その鍵を握るのが、貧乏神というキャラかなって思うんです。

最初の『夢をかなえるゾウ』をいつ読んだのかも覚えてなくて(読んだはずなのにブクログ登録してないし)、どんなにおもしろい本だったのかもすっかり忘れちゃっていましたが、今回の第2弾を読んで、なんというか、リズムを思い出しました(笑)。個人的には第2弾の方が好きなような気がしますが、久しぶりに最初のももう一度読んでみようかなって今思っています。

面白かった(^^)♪

カテゴリ: 読書/映画鑑賞

テーマ: 読んだ本 - ジャンル: 本・雑誌

[edit]

Posted on 2014/11/13 Thu. 19:35    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Bookmarks

Now on Instagram

My favorite blogs

Twitter

My bookshelf

Search in this blog

Send mail

Access counter

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。