ひびまみ

フリーランス英日/日英翻訳者「まみ」のインドアライフ♪

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

『空飛ぶタイヤ』 



池井戸 潤 著の『空飛ぶタイヤ』を読みました。

『下町ロケット』のダイナミックでスピード感たっぷりの作風に惹かれ、同じ著者でもう一作品。

運送会社のトラックからタイヤが突如外れ、歩行者を直撃。歩行者は死亡し、トラックを製造した大手自動車メーカーは運送会社の整備不良と断定。しかし、運送会社では入念な整備の記録が。本当に、運送会社の整備不良による事故なのか、それともメーカーの部品に不具合が・・・?

下町ロケットの時と同じく、中小企業 vs 大手企業という構図。様々な理由で過失を認めたくない大手に、人情たっぷり情熱たっぷりの中小がどう噛みつくのかが見所です。

今回も大まかな流れとしては、問題が発生して中小が圧倒的に不利になり、取引先を失ったりして経営が傾きかけるところから、中小の真実を暴きたいという情熱に人が動かされ、それでも大手の圧力にはなかなか勝てない・・・というところで思わぬ所から力強い味方登場で、中小というか正義そして真実が勝つ!といったところですね。『下町ロケット』の記憶がまだ新しかったので、本作を読みながらなんとなく展開は分かっていましたが、それでもやっぱり、夢中になって読んでしまいました。中小がピンチに立てば歯ぎしりをしながら、中小の形勢が有利になれば「このままゴールして!」と願いながら。

上下巻の長編小説でしたが、気づけばスゴイ勢いで読んでいました。それほどまでに面白かった!

この小説は、過去に起きた自動車メーカーによるリコール隠しを題材に書かれています。こんな風に、実際の出来事を題材に小説が書かれることはあっても、その逆というのはありませんよね。だから、世の中で何かあった時に、小説で描かれるような感動の大逆転ドラマが生まれるとは限らないですよね。それでもやっぱり、この小説に登場するような、何かあった時に手段を選ばず必死で自分だけを守ろうとする人や組織には、「早めに素直に"ごめんなさい"した方がいいよ? じゃないと後で困るよ?」と言ってあげたいです。自分を守るためにウソをつくとかね、ナシですね。

いやあ、それにしても面白かったです。

他の作品も読んでみたくなっちゃった!次は何にしよう?

カテゴリ: 読書/映画鑑賞

テーマ: 最近読んだ本 - ジャンル: 本・雑誌

[edit]

Posted on 2014/07/25 Fri. 11:18    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Bookmarks

Now on Instagram

My favorite blogs

Twitter

My bookshelf

Search in this blog

Send mail

Access counter

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。