ひびまみ

フリーランス英日/日英翻訳者「まみ」のインドアライフ♪

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

『死ぬときに後悔すること25』 


大津 秀一 著の『死ぬときに後悔すること25』を読みました。
著者は、これまで1,000人以上を看取った緩和専門医療医。
この本には、死を間近にした末期がん患者が語った25の後悔が綴られています。

健康を大切にしなかったこと。
やりたいことをやらなかったこと。
人に優しくしなかったこと。
遺産や葬儀について考えておかなかったこと。
愛する人に「ありがとう」を伝えなかったこと。

ほんの数例です。

やりたいことをやろうとか、人に優しくしようとか、感謝の言葉を言おうとか、感情に振り回されないようにしようとか、色んなアドバイスを色んな場所で目にします。どれも「充実した良い人生を送るため」「幸せな人生を送るため」といった見出しがついていたりしますよね。

じゃあ、充実した人生ってなんだろう、幸せな人生ってなんだろう。

この本を読みながら、人生って結局のところ、後悔を残さず死を迎えるための準備なのかもしれないなと・・・想像しました。「想像した」と書いたのは、自分の「死」はまだまだ遠いところにあるような気がして、よくわからないから。もちろん、いつ人生が終わるかも分からないけれど。

本の中では、それぞれのタイプの後悔が、患者のエピソードという形で説明されています。後悔しながら亡くなった方のエピソードもあれば、その方にとってやるべきことを全てやって人生を終えられた方のエピソードも。ひとつひとつを読みながら、自分はどうだろう、自分はどうなるんだろう、と考えました。

いずれにしても、私も「まだまだ早いよ」なんて言っていないで、自分がいなくなった後のアレコレを決めておくべきなのでしょう。意思の疎通ができなくなった時のために、希望する治療方針なんかも家族と話し合っておくべきだとも思います。そして、後悔のない毎日を積み重ねることで後悔のない最期を迎えられるよう、自分の言動や時間の使い方も見直さなければと感じています。

「無駄にできる時間はないぞ」とにわかに焦ったりもしていますが、それ以上に「こんな風に毎日を過ごそう」という気持ちが自分の中に新たに生まれたのが何よりの収穫だったように思います。

読んでよかった一冊でした。

カテゴリ: 読書/映画鑑賞

テーマ: 最近読んだ本 - ジャンル: 本・雑誌

[edit]

Posted on 2014/01/30 Thu. 10:10    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Bookmarks

Now on Instagram

My favorite blogs

Twitter

My bookshelf

Search in this blog

Send mail

Access counter

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。