ひびまみ

フリーランス英日/日英翻訳者「まみ」のインドアライフ♪

12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

『11/22/63』 



スティーヴン キング 著の「11/22/63」を読みました。

主人公である英語教師『ジェイク』は、小さなダイナーを経営する友人『アル』からある日意外な告白を受ける。

「このダイナーには過去につながる『兎の穴』がある。」

その穴の先は、抜けるたびに1958年9月9日午前11時58分。過去で何をしようとも、一度現代に戻り再度穴を抜ければ、歴史を変えてしまったこと自体無かったことに。

アルがこんな告白をしたのは、もちろん理由があってのこと。それは・・・

1963年11月22日に起こったジョン・F・ケネディ大統領暗殺を、ジェイクに阻止させるため。


  


目的を果たすために数年間過去にとどまることになったジェイクは、新しいアイデンティティで生活を始める。現在の人生と同じく教師となり、色んな人に出会い、生活の基盤もでき、まるでその時代の人のように暮らすジェイク。しかし、その時は確実にやってくる。過去は変化に対して強く抵抗し、あの手この手でジェイクの行く手を阻む・・・

どうなるの?
阻止できるの?
阻止できないの?
世界はどうなるの?

読み始めたら最後、1日中もう何もしたくなくなるほどに、夢中でした。続きが気になる! 気になりすぎる!!

そうそう、タイムトリップ系のお話ってたぶんそう珍しくはないと思うけれど、落としどころが難しいと思うんですよね。主に、「そもそも過去に行くってどうやって?」とか、「過去の行動が未来に及ぼす影響ってどうなるの?」 みたいな疑問に関して。でも、そこはさすが、スティーブン キングでした。まず最大の疑問『兎の穴の存在とその理由』については、完全にスルー(笑)。そして昔訪れた過去 vs 新しく訪れた過去 vs 現在のつじつま合わせみたいなのは、「そうか、そう設定したのかー、なるほど~」という感じでした(なんでだろう、ちょっぴりブライアン・ワイス 著の『前世療法』を思い出しちゃった)。

ボリュームのある上下巻で、正直ちょっぴり中だるみした瞬間もありました。でも、一度話が転がり始めるとそのスピード感に圧倒されちゃう。もちろん彼ならではのスリル要素やホラー要素もしっかり楽しめます。 いやー、ほんと一気に読んでしまいました(と言っても、1日1冊で2日かかったかな)。

今回とっても久しぶりに読んだスティーブン キングでしたが、また他の本も読みたくなっちゃいました。

... というわけで、次は『Under the Dome』かな。実はね、しばらく前にAmazonで洋書ゼロ円キャンペーンみたいなのがあった時にKindleにDLしておいたのさ♬ あ、あと、こちらはゼロ円じゃなかったけど、『On Writing: 10th Anniversary Edition: A Memoir of the Craft』もDLしちゃった。

どちらも、今後の楽しみにしようと思います。

カテゴリ: 読書/映画鑑賞

テーマ: 最近読んだ本 - ジャンル: 本・雑誌

[edit]

Posted on 2013/10/29 Tue. 01:02    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Bookmarks

Now on Instagram

My favorite blogs

Twitter

My bookshelf

Search in this blog

Send mail

Access counter

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。