ひびまみ

フリーランス英日/日英翻訳者「まみ」のインドアライフ♪

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

Trip to Kyoto 2011 (6): 高台寺  

1104(1).jpg


清水寺から法観寺の八坂の塔をチラ見して、円山公園方面へ。高台寺に行ってきました。
こちらのお寺は夫Cのクライアントさんが、「とても落ち着く場所」としてすすめてくれたお寺でして、その言葉だけを頼りに下調べ無しで行っちゃったのですが、Wikipediaによれば、「豊臣秀吉の正室である北政所(高台院)が秀吉の冥福を祈るため建立した寺院」なのだそうです。

・・・というような説明がおそらくこのあたり(↓)にも書いてあると思うのですが、いまだ読めておらず。日本語の解説に対してどんな英訳がついているのかついつい気になって、気付くと写真撮っちゃうんですよね。

1104(2).jpg

さて、お寺へはゆっくりのんびり、長い坂?階段?を上ります(台所坂という名称らしいのですが、「英語ではDaidokoro Stairs」となっている様子)。上っている間に周りが少しずつ静かになっていって、なんとも言えず良い気持ち(その前にとってもにぎやかな清水寺行っちゃったしね)。

1104(3).jpg

上り終えて一息つくと、触れ仏がいくつか。夫婦円満にあやかれるとされる「秀吉・ねねの像」、体の不調を持ち去ってくれるという「天満宮 牛」、回すと般若心経を読んだのと同じご利益があるという「マニ車」なんかがあります。その他にもこのお寺の周辺には数多くの触れ仏があるそうで、お寺HPにはダウンロード用マップなんかも用意されています。

1104(4).jpg

私たちが行った時は夜の特別拝観期間直前で、本堂の前庭はその準備が整っていました。「臥龍廊」と呼ばれる廊下を改修した時に出た古い瓦3千枚で、天に昇る2匹の竜を表現しているそうです。

1104(5).jpg

おすすめしてもらった通り、とてもとても穏やかに時を過ごせるお寺で、私たちも本当にのんびりさせてもらいました。まだまだ夏のような陽気の京都だったけれど、ここだけはほんの少しだけ色づいた葉っぱも見れたりして、よかったな。機会があったら、またぜひぜひ立ち寄りたいお寺です。

1104(6).jpg

カテゴリ: タビレポ

テーマ: 京都 - ジャンル: 地域情報

[edit]

Posted on 2011/12/04 Sun. 19:51    TB: --    CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Bookmarks

Now on Instagram

My favorite blogs

Twitter

My bookshelf

Search in this blog

Send mail

Access counter

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。