ひびまみ

フリーランス英日/日英翻訳者「まみ」のインドアライフ♪

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

Trip to Vancouver 2011 (2): 『バンクーバーでもiPhoneを使いたいョ!』の巻 


テーマに沿った写真がなかったので、帰省中にとある住宅街で遭遇した鹿さんの写真でも・・・。いつも同じ所にいるんですよね。たまに1頭で、たまにファミリーで。カワイイなあ~。

さて、今回の帰省が、iPhoneを購入して初めての海外でした。

数年前に「『海外でもauケータイを使いたいョ!』の巻」と言う記事を書いたので、今回はそのiPhoneバージョンです(^^)。
ソフトバンクが「海外パケットし放題」サービスの提供を開始し、しかも今(6月末まで)なら1,480円/日! と聞いて喜んでいたのですが、念の為出発前に情報を確認してみましたところ、残念ながらカナダは対象エリア外でした(お隣アメリカは対象エリアなのに~)。

ってことは、カナダでiPhoneを「普段通り」使っちゃうと、巨額なデータローミング代を請求されてしまうということになりますね。コワい、コワい。以前にもありましたもんね。「海外にiPhoneを持って行ったら、電話代(っていうかデータローミング代)ン十万円」・・・みたいなお話。

では「海外パケットし放題」じゃないカナダではどうしたらいいかというとですね、答えは簡単。

「Wifiばっかり使う」 です。

現地に到着するとまず、こんな感じのメールがソフトバンクからやってきます。


日本国内で購入し使用するiPhoneにはデータローミングの必要がないので、この機能はデフォルトで「オフ」設定になっています。ということはバンクーバーに到着した時点でも「オフ」なはず・・・ではありますが、念の為ここで一度、確認しておきたいところです(だって「うっかり」だけは絶対に避けたいですもの)。

ちなみにですが、私たちは帰省中ずっと、iPhoneを「機内モード」にしておきました。画面写真に見えているこの飛行機アイコンが表示されていると「機内モード」でして、このモード中は、全てのデータ通信が完全に「オフ」状態になります。データローミング機能ももちろん「オフ」です。

さて、バンクーバー国際空港ではwifiが使えます。「設定」→「Wi-Fi」→「ネットワークを選択」で空港名のネットワークを選択するとログイン画面が表示されますので、ログインプロセスを完了させれば接続完了です。たまに気が付いたら勝手にログアウトしてたりしますので、その時にはログインしなおします。

空港施設を出てしまうとwifiは使えなくなりますので、次の目的地についての情報が必要な場合には、空港で全てゲットしておきます。私たちの場合は、次の目的地までの経路をGoogleマップで検索して、その画面写真を撮ってから空港を後にしました。

出発前は、カナダで普段通りにiPhoneが使えないことにちょっとストレスを感じていましたが、到着してみたら色んなところでwifiが使えてホッとしました。

今年はバンクーバー島とバンクーバー近郊にて移動が多く、それに伴い宿もホテルやらB&Bやらといろいろ滞在しましたが、どこもwifi接続OKでした。レストランでも使える所がありました。中には、同じレストランチェーンでも、新しいところは使えて、昔からあるところは使えない、なんてことも。

もし、ホテルもレストランもダメ・・・という時には、スタバがたぶん、最も確実な場所です。こちらも空港と同じく、ログインプロセスを完了させれば接続完了です。

移動中や外出中、ネットを使いたいけれどスタバがあたりに見当たらない、なんて時には、iPhoneアプリ「Vancouver Free WiFi」が役に立ちました。ネット接続中なら位置情報からその近くのwifiスポットを検索できますし、そうでない場合には、アプリに内蔵されているリストから検索できます。例えば、Vancouverのリストから空港を選ぶと・・・


こんな風にwifiスポットのリストが表示されます。

全て無料でwifiが使えるスポットです。ただし、お店によってはパスワードが必要です。その場合には店員さんに聞きましょう。口頭でパスワードを教えてくれたり、紙に書かれたものをくれたりすると思います。

現地でのメールチェックですが、SMS/MMSはwifi環境では送受信できません。ですので、「設定」アイコンをタップし、「機内モード」そして「Wi-Fi」をオフにしてから、データローミング機能やデータ通信機能等をオンにし、「新着MMS」アプリでメールセンターに問い合わせをします。その後はまたスグに、先ほどとは逆の手順で「飛行機モード」をオンに戻すといいかな、と思います。

SMS/MMSは送受信1通につき100円(だったかな?)で、データローミング代も別途かかります。ですので、普段SMS/MMSで受け取っているメールはできるだけ、インターネットメール で受け取れるよう、出発前にアレンジしておくと良いと思います。

2週間の滞在中、移動中や外出中に「今ネットが使えたら・・・!!」と思った瞬間は、正直ちょくちょくありました。その時は不便に感じましたが、それでも、バンクーバーで利用できる無料wifiスポットは非常に多く、最初に想像していたよりは、ずいぶん便利にネットを使えたと思います。最終的な電話代も、日本での利用時とさほど変わらず、でした(^^)。

バンクーバー以外のカナダの都市については分かりませんが、だいたい同じような状況なのではないかと想像しています。どうかな?

これだけwifiスポットがあり、これからもそれが増えていくのであれば、いつかカナダが「パケットし放題」対象エリアになったとしても、それを使わずにwifiに頼るというのも経済的で良い選択肢かもしれませんね♪

【追記】 その後カナダが「海外パケットし放題」対象エリアになったので、新しく記事をアップしました。もしよかったら、「Trip to Vancouver 2013 (1): 『バンクーバーでまたiPhone使ったョ!』の巻」もあわせてどうぞ(^^)

カテゴリ: タビレポ

テーマ: カナダ - ジャンル: 海外情報

[edit]

Posted on 2011/06/28 Tue. 01:24    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Bookmarks

Now on Instagram

My favorite blogs

Twitter

My bookshelf

Search in this blog

Send mail

Access counter

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。