ひびまみ

フリーランス英日/日英翻訳者「まみ」のインドアライフ♪

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

セックスボランティア 



河合香織 著の「セックスボランティア」を読みました。

当たり前のことが無視され否定されたとしても、それでもやっぱり「当たり前」は存在するし、し続けるのだと思います。それは、健常者でも障害者でも、同じこと。


筆者が追う「障害者の性」。
ルポルタージュは、障害を持つ年老いた男性がインタビューの中で、「(自らの)性は生きる根本」であると語り、続いてインタビューを録画していたスタッフが、その男性の自慰行為を手助けするところから始まる。

このルポルタージュの主題は、障害者の性行為を介助する「セックスボランティア(有償 / 無償)」の存在であり、著者は日本での現状、そしてこの分野では「先進国」といえるであろうオランダの現状とを比較する。

著書の中では取材を受けた人物の言葉が多く紹介されているが、その中で何度と無しに繰り返されるテーマの1つに、「性の解放の必要性」があると言える。障害者の性行為やその結果としての妊娠・出産・育児は、彼ら自身、そして、彼らを介助する者たちにとっても大きな負担になることが容易に想像できる。そのためか、障害者の周りの人間が「障害者は恋愛をしてはいけない」「障害者に性欲があってはいけない」といった空気を作り(直接障害者にそう言葉をかける例も少なくない)、その結果、障害者自身も「一生恋愛はできない」「一生結婚はできない」と諦めてしまう。また、そういった思考傾向の中、某養護学校の校長にいたっては「障害者に性欲があるとは意外だ」といった趣旨の発言があったという例も紹介されている。

一般的に、身体が発達するとともに生殖器官も発達し、人は性的な欲望を持つ。それは健常者だって障害者だって全く同じこと。それを上述のように「本人のために良かれ手と思って」意図的に無視しする人間がいるかたわらで、その「いたって自然な要求」を満たそうと活動するのが「セックスボランティア」ということになる。

日本で「セックスボランティア」活動が十分に機能しているかといえば正直そうではなく、それでは、その分野での先進国オランダで十分に機能しているかといえば、やはり100%ではない。難しい問題だけにその理由は多岐に渡るのだけれど、著書では事例の紹介と2国間の比較にスポットがあてられていて、この問題についての著者自身の考えや意見があまり書かれていないのがなんだか残念 (´・ω・`)。

ルポルタージュは取材に基づき構成される記事なので(たぶん)、このように「調べたことを淡々と並べる」のが一般的なスタイルなのかな?? 仕事で論文を読む機会が非常に多い私には、どうしても「意見」や「主張」のない文章に物足りなさを感じてしまいました。それでも、多くの事例、障害者の声、障害者と係わる人間の声を分かりやすく紹介してあるこの本は、「障害者の性」を考えるにあたって、良い入門書なのではないかな? と思います。

こういったトピックが苦手な方もいらっしゃるとは思いますが、興味のある方には「読む価値のあるルポルタージュ」としてオススメしたい一冊です。

カテゴリ: 読書/映画鑑賞

テーマ: 読書感想 - ジャンル: 本・雑誌

[edit]

Posted on 2007/04/16 Mon. 00:28    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Bookmarks

Now on Instagram

My favorite blogs

Twitter

My bookshelf

Search in this blog

Send mail

Access counter

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。