ひびまみ

フリーランス英日/日英翻訳者「まみ」のインドアライフ♪

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら 



「もしドラ」でおなじみの、岩崎 夏海 著「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」を読みました。
高校野球部のマネージャー「みなみ」ちゃんはある日、「野球部を甲子園に連れていく!」と固く決心する。そこで彼女は手始めに、野球部のマネージャーとして必要なことを学ぶべく、一冊の本を読んでみることに。「むむっ。なかなか難しいな、この本...」と思いながらもその本を読み進め、その教えを忠実に実践に移していくことで、みなみちゃんは他の部を、学校を、そして地域を巻き込みながら、野球部を大きく育てていくことになるのだった。

・・・で、みなみちゃんが手に取った本なのですが、それはドラッカーの「マネジメント」でした。


誰がどこからどう見たって野球部マネージャー用のノウハウ本ではなさそうな感じではありますが(笑)、まあそこは「小説だから」ということにしておきましょう。

みなみちゃんはこの本を読み、「真摯さとは何か」を知ることの意味、組織そしてその活動の顧客が誰かを知ることの必要性、そして、仕事におけるやりがい/働きがいの重要性、などなどを学んでいきます。

こうやって本を読んで理解したり学んだりっていうのは、ぶっちゃけ多くの人にできることだと思うんです。でも、みなみちゃんのスゴイところは、学んだことをガシガシと行動に移す、というところなのですね。この行動力無くしてはドラッカーもなにもないな、と私はこの本を読みながら終始考えていました。

さてさて肝心の野球部なんですが、みなみちゃんの理解力と行動力のおかげで非現実的なスピードで強くなり、同時に人気もうなぎのぼり!あまりのとんとん拍子さに私が読んでて恥ずかしくなるほどではありましたが(笑)、でもまあそこも、小説としての面白さを追求したってことなのかな、と解釈しました。

ドラッカーの本というのは、非常に興味深く面白いのですが、しっかり理解して自分のものにできるまでちょっと脳みそに頑張ってもらわないといけない瞬間がチョコチョコあったりします。私のお気に入りのドラッカー本は「プロフェッショナルの条件」という本なのですが、


やはり、一度読んだだけでは私のちっぽけつるんつるんな脳ではキッチリと理解できなかった思い出です(私だけかなあ)。

・・・ということを考えてみると、こうやってドラッカーの入門書「マネジメント」を紹介するためのライトノベルを提供する、というのは良いアイデアなのかもしれませんね。かるーくさらさら~っと読めました(^^)。

カテゴリ: 読書/映画鑑賞

テーマ: 読書感想文 - ジャンル: 小説・文学

[edit]

Posted on 2011/04/30 Sat. 03:08    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Bookmarks

Now on Instagram

My favorite blogs

Twitter

My bookshelf

Search in this blog

Send mail

Access counter

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。