ひびまみ

フリーランス英日/日英翻訳者「まみ」のインドアライフ♪

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

Fa Niente (再) in 鷺沼 



何度でも行きたい大好きなイタリアン「Fa Niente」に、「おいしいもの」のcamilleさん「めし日記」のmeshiさん、そしてTomokoと行ってきました。昨年末にこのメンバーでランチを企画していたのですが、直前になってmeshiさんが体調不良により欠席(悲)。その日は3人でのランチとなってしまいましたが、今回は4人全員元気&おなかペコペコで集合し、ディナーを楽しむ事ができました(嬉)。


Fa Nienteは今年1月~2月中旬にかけて改装のため閉店していて、改装後にお店にうかがうのは初めて。どんな感じになったのかな? ととても楽しみにしていました。お店は入ると2部屋に分かれていて、入口ドアに近い方がメニューを見ながらオーダーできるトラットリア(予約しなくても、席が空いていればOK♪)、遠い方がオーダーメイドコースを楽しめるリストランテになっていました(こちらは完全予約制)。

私たちはリストランテ側での食事でしたが、以前に比べて席数が減り、ゆったり感がアップしていました。以前はお隣の席が近くて会話が聞こえてきてしまったりしましたが、そんなことももうありません。お店の方に「以前と比べてどうですか?」と聞かれて思わず「何倍も良くなりました!」と言ってしまいました(^^)。

前置きが長くなりましたが、1人あたりの予算を設定し、食べられない食材をお店の方に告げるとお食事スタートです。今回は私以外、皆さんディナーでの来店が初めてだったので、予算は抑え目に、コース構成は 前菜x2 ⇒ パスタ ⇒ メイン ⇒ デザート (別料金) でお願いしました。

前菜1:冷製カッペリーニ
愛知県産フルーツトマトがカッペリーニの上に盛られていて、なんとこのトマトの糖度は驚きの17度! めちゃめちゃ甘いけど、甘くてくどいのではなく、甘くてそれでいてサッパリ♪ サイドにはボタン海老のマリネと、スカンピのソース。パスタのゆで具合は絶妙、というか完璧! 続くお料理への期待が一気に高まります =3

前菜2:ホタテのグリル
「紐も肝もおいしいので、ぜひ召し上がってくださいネ」とサーブされたお皿には、5年ものの立派なホタテ。緑の葉はルッコラ、色の薄い葉っぱは日を当てずに育てたタンポポ(日を当てずに育てると苦味が増すんですって) 。

パスタ:ヤリイカ、ムール貝、クロソイの自家製タリオリーニ
魚介の風味たっぷり~♪

パン:定番の「トマトが練りこんであるパン」 (写真はTomokoのをお借りしました)

メイン:シャラン鴨の2度ロースト
北イタリア産アスパラガス添えてあり、ソースは葡萄の香りのヴィンコットソース。

デザート:キャラメルのスポンジとキャラメルのジェラート (& カプチーノ)
チョコレートソースのぐるぐるがカワイイ!



前菜1から最後までひたすらおいしく、幸せイッパイ!! どのお料理も食材の1つ1つにこだわりがあり、そのおいしさがしっかりと引き立っていました。一皿一皿、心も体も大喜び(^^)♪

みんなでワイワイとお話しながらおいしいお料理を楽しめて(今回は4人全員揃ったので嬉しさひとしおデス)、大満足なひと時になりました。私はこれからもリピートし続ける気マンマン(笑)なので、みなさん、もしよかったらまた、声かけさせてくださいね(^^)ノ

美味しい & 楽しいひと時をありがとうございました!

過去記事
Fa Niente 1回目(ディナー)
Fa Niente 2回目(ランチ)

カテゴリ: おいしい食べ物

テーマ: おいしい店紹介 - ジャンル: グルメ

[edit]

Posted on 2007/04/11 Wed. 20:39    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Bookmarks

Now on Instagram

My favorite blogs

Twitter

My bookshelf

Search in this blog

Send mail

Access counter

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。