ひびまみ

フリーランス英日/日英翻訳者「まみ」のインドアライフ♪

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

残念な人の思考法 



山崎将志 著の「残念な人の思考法」を読みました。
やる気もあるし能力もある。それでもなんだかうまいこと成果が出せないのはナゼ?

著者が「残念な人」と呼ぶ、あと一歩のもったいない人たちの事例が、どんどん紹介されていく本です (たまに残念なお店の例もありますが、お店を経営するのは人間なので、やはり残念な人の例ということになるのでしょう)。

どの事例も読んでみると、どこかで見かけたような、どこかで経験したような・・・

世の中、「こうすれば上手くいく!」とか「成功者はみんなこんなことしてる!」みたいな本ってたくさんありますよね。それはそれで動機付けにもなるし学ぶことも多いしで、私もそういった本を読むことはちょくちょくあります。でも、個人的な意見としては、今回のような、「成功の資質はあるのに成功しない人」の事例を紹介する本って、ありがたい存在なんじゃないかなって思うんです。

「成功者の例」情報は最初から「答え」をくれますよね。「こういう時はこう考えるといい」「ああなったらこうすればいい」ナドナド。でも、「そうじゃない人の例」情報っていうのは、そこから自分なりの答えを導き出す機会を与えてくれると思うんです。その結果、「そっか、自分がこうする時にはああすればいいんだ」って思えれば、それはきっと自分の心に残りやすいだろうし、実生活の中で何かの機会に役立つ瞬間があるのではと思うんです。

そう言った意味で、楽しく読みながらも色々と学べた一冊でして、Amazonの評価には☆2つみたいなシブい評価もありますが、私はとても好きな1冊でした^^

カテゴリ: 読書/映画鑑賞

テーマ: 読書感想文 - ジャンル: 小説・文学

[edit]

Posted on 2010/08/16 Mon. 14:19    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Bookmarks

Now on Instagram

My favorite blogs

Twitter

My bookshelf

Search in this blog

Send mail

Access counter

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。