ひびまみ

フリーランス英日/日英翻訳者「まみ」のインドアライフ♪

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

普通の家族がいちばん怖い―崩壊するお正月、暴走するクリスマス 



岩村 暢子 著の「普通の家族がいちばん怖い―崩壊するお正月、暴走するクリスマス」を読みました。
1999~2000年、そして2004~2005年の2回にわたり、総計223世帯を対象にして実施された「フツウの家族の実態調査」。子供を持つ20代~50代の主婦が、自らの家族のクリスマスとお正月について、写真を撮り日記を書いて、それを提出。提出されたデータの一部を紹介したのが、この本です。ちなみに、写真については加工できないように、フィルムカメラで撮影し、未現像のフィルムが提出されています。

最初に間違いのないように書いておくと(本にも書いてありましたが)、この本は、「主婦はああするべき、こうするべき」と主張すべく書かれた本ではありません。あくまでも、今現在日本で起きていることを調査した結果を紹介する本なんです。

が・・・

では、そこに何が書いてあったかというと、「それって、ネタ!?」って思わず疑ってしまうような回答がギッシリ。いや、もしかすると私が「ネタ!?」って思っていても、それが「当たり前」というご家族も多いのかもしれませんね・・・。

ちなみに、私がビックリした「家族の実態」(回答者の言葉)をちょっとだけご紹介しますね。もし、「そんなの当たり前じゃん!!」と思われた方いらっしゃったら、ごめんなさい。何にビックリするかは、人それぞれ、ということで・・・。

(注:本文からの抜粋ではないので、だいたいこんな事が書かれていたんだな、とご理解くださいネ)。

【クリスマス編】

・自分の子供を、サンタクロースを信じないような、「夢」のない人間にはしたくない(⇒中高生や大学生の子供にサンタクロースを信じさせている)
・子供は、以前から味わいたいと思っていた「家族でのクリスマス」イメージを実現するためのツール(⇒ 一緒にケーキを作ったり、ツリーを飾ったり)。
・クリスマスの電飾は、我が家の幸せを他人におすそわけしてあげるため。
・クリスマスケーキやクリスマスツリーは子供の数だけ準備(⇒それぞれが違うスタイルで飾りつけしたがるから)

【お正月編】

・お節料理のそれぞれのお料理について、由来とかを子供に聞かせようとする夫がウザイ(⇒ イベントは楽しくあるべきなのに、聞かれてもないアドバイスするとか、雰囲気台無し、ということらしい)
・実家や義理の両親宅に行くと、手伝わされそうになったり、自分ももてなす側にならなきゃいけない空気で、つらい(⇒「お客様」扱いされないといやだ、ということらしい)
・両親や義理の両親が忙しかったり病気だったりした場合は、もてなしてもらえないから帰省しない
・元日でも、家族全員が好きな時に好きな物を食べる

もちろんその他にも多種多様な回答がありまして、そのそれぞれに驚かされましたが、中でもインパクトの強かったもののホンの一部が、上のような感じです。また、関連項目として、子供のしつけや、家族のつながり等々、回答者のみなさんが自分の家族とどう向き合っているのかを知る機会もありました(これもまたこれで、かなりビックリな事実盛りだくさん)。

この本には、「現代家族」像をつかむ為のデータが、本当にたくさん詰め込まれていました。でも、データ(回答)の紹介が充実している反面、それに対する著者の意見みたいなのはあまり多くなく、個人的には、著者による考察がもっとあったらよかったなあ、と感じました。

とは言いつつも、普段あまり読まないジャンルの本だったこともあり、最後まで興味を持って読めたし、内容も印象に残りました。面白かったです^^。

カテゴリ: 読書/映画鑑賞

テーマ: 読書感想文 - ジャンル: 小説・文学

[edit]

Posted on 2010/05/18 Tue. 01:53    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Bookmarks

Now on Instagram

My favorite blogs

Twitter

My bookshelf

Search in this blog

Send mail

Access counter

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。