ひびまみ

フリーランス英日/日英翻訳者「まみ」のインドアライフ♪

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

TOKYO PEOPLE'S CAFE in 駒沢大学 



前回の記事の続き】

駒沢大学エリアに来る機会があったら、一度「adito」に行ってみたいなってずっと思ってたんです。で、「FELLOWS」に行ったこの日、家を出発する5分くらい前まで「adito」に行く気マンマンだったんです。地図もしっかりプリントアウトして。

でも・・・
雨や雪こそ降っていなかったけれど、この日はホント寒くて、外に30秒いるだけで耳がカチンコチンに凍ってしまいそう(><)。あまりにも寒かったせいか、きっと並ばなきゃいけないんだろうな~って覚悟しながら行った「FELLOWS」も、私達が行った時点で先客1組、その後もう1組、でガラガラでした(ラッキー♪)。

そんな寒い日だったので、駅から距離のある「adito」は急遽キャンセル。ヘタレな私達は、できるだけ駅に近いカフェをとにかく探し、その結果、駒沢大学駅コンコースに直結している「TOKYO PEOPLE'S CAFE」に行くことにしました。

このカフェは、東京都民銀行のロビーなんですョ。私達が行ったのは夜だったので銀行は営業時間外でしたが、トップの写真、奥にシャッターおりているの見えますか? あのシャッターの向こうが銀行です。関係ないですが、そのシャッターの手前に格子状の本棚があって、その本棚のあるテーブルにはPCが何台か設置されています。私達がお茶している間に数人使っていたかな? ちょっと調べ物したい、なんてときには便利ですよね(^^)。

さて、この日のデザートです。まずは夫Cのフォンダンショコラ。熱々のチョコがとろ~り、だったかどうかは聞き忘れましたが、とにかくチョコレートさえ食べていれば幸せな夫Cには、あまり興味の無いことなのかもしれません(笑)。


こちらは私の、ストロベリーブリュレ。カスタードが苺味・・・というわけではなかったような気がするけれど、すっかり忘れちゃったなあ。ふむ。


カフェ/銀行ロビーはなかなか広い空間で、私達が行った時には食事をしながら打ち合わせをされている方たちも。私もここ、今度打ち合わせで使わせてもらおうっと! 全席喫煙OKなのが残念だけれども(銀行の営業時間外のみOKなのかな?営業時間内の銀行ロビーで喫煙OKはさすがに無いですよねー?)、でも、駅から近いし、雰囲気もいいしで、気に入りました


ところで、「バレンタインデーは洋菓子屋さんの陰謀」が定説の日本ですが、夫Cが日本に来て非常に喜んだのが、この、日本式バレンタインデーでした。チョコレートに目がない夫Cは、「日本に来て、ホント良かった! 日本バンザイ!」みたいな感じでして、バレンタインデーが平日か週末かで毎年一喜一憂なのですね。そういえば一回、ちょうど出張にあたっちゃって、めさめさ凹んでいた年もあったっけ(笑)。とかく、「欧米の"本当の"バレンタインデーの祝い方は・・・」なんて話がでがちなシーズンですが、夫Cには既に、日本式バレンタインデーが「本当の」バレンタインデーのようです(^m^)。


お茶しながらのんびりとアレやコレやと話しつつ、やっぱり遠くまでがんばって歩くよりも、この日はココにしておいてよかったね、ということに。「adito」はまたのお楽しみにしよう。っていうか場所的にも、「AS CLASSICS」に行った日に立ち寄ればいいんだわ♪

話が色んな方向いっちゃいましたが、「TOKYO PEOPLE'S CAFE」は居心地よくてとっても良かったです。 また来よう(^^)

【おしまい】

カテゴリ: おいしい食べ物

テーマ: おいしい店紹介 - ジャンル: グルメ

[edit]

Posted on 2010/03/20 Sat. 03:49    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Bookmarks

Now on Instagram

My favorite blogs

Twitter

My bookshelf

Search in this blog

Send mail

Access counter

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。