ひびまみ

フリーランス英日/日英翻訳者「まみ」のインドアライフ♪

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

麺場花火 in 青山一丁目 (& ウエスト青山ガーデン (再) in 乃木坂) 



大好きだった「麺屋武蔵青山」が2008年9月に閉店(⇒神田に移転)してしまってからずっと、心の中で(いや、声に出したこともあるけど)、「青山帰ってきて~!! ><」と強く願っていました。そしたら、昨年11月の終わり頃だったかな、ラーメン関連掲示板「とらさん会議室」(とらさんの「とら」は確か「東京(うきょう)のーメン屋さん」の略)から、「麺屋武蔵青山の最後の店長さんが、青山一丁目に新店"麺場花火"をオープン!」との情報が!

その後あっという間に、同じ情報を目にしたGLOBEさんから、「見ました!?」と連絡が(嬉)。それから約2週間後(つまりオープン約2週間後)だったかな、Tomokoも誘って3人で、さっそく行ってきました。


お店は、青山があった場所から割りと近いのだけれど、今度は屋内です。この日は並ばなかったけれど、もし並ぶとしたら屋外よりも屋内の方がずっと嬉しいな(^^)。


店内は新しいのでもちろんキレイだし、照明もかわいい(お店の名前「花火」に合わせてあるのかな?)。紙エプロンも有り(そういえば、青山にもありましたネ)。券売機の前で悩んでいたら、お店の人が出てきてお品書きの説明もしてくれたりして、いい感じ!

トップの写真は、「味玉青山ら~麺」です。こちらのお店では「青山ら~麺」があっさり、「花火ら~麺」がこってり、という感じになっているのだそうですが、「青山の味を復活させたのが青山ら~麺」という噂を小耳に挟んだので、私は迷うことなくコチラ。

麺は中太平麺、味玉は半熟でおいしく、やわらかチャーシューも美味しい♪ ・・・という記憶だったような。スケジュール帳に味の感想をメモってたのだけど、年末年始にリフィルを交換した時に紛失したみたい orz。なので覚えていることだけを書くと、なんだろう、美味しいのだけれど、スープがあっさり、というよりも、なんだか物足りない感じに思えちゃった。普段は、特に初めて行ったお店だと、香辛料の類を極力使わないでそのお店の味を楽しもうって思うんだけど、今回だけは卓上の魚粉やらゆず酢やらに手が伸びそうになるくらい、「アレレ?」と。

普通にあっさりしたラーメンとして食べれば、美味しいんだと思うんです。ただ、「青山の味が復活」と言われるとそれはちょっと・・・?青山ってなんかこう、「むむ!」って感じでガツンとくるおいしさだったんです。それが感じられなくて今回はちょっぴり残念(> <)。もしかすると、「花火ら~麺」の方が私には合っていたのかな?

でも、青山一丁目は自分の行動範囲内ではとても便利な場所にあるし、今回はオープン間もない訪問だったりもしたので、今度また、機会を見つけて再挑戦してみたいと思います。




さて、ラーメンの後は甘いものタイム! 花火さんを出て、246に背を向けてそのまま直進し、以前「西麻布五行」の後にも来た「ウエスト青山ガーデン」を目指します。

こちらのお店、閉店時間が遅めなので夜カフェに便利~! ってすごく嬉しく思っていたのだけれど、残念ながら営業時間が短縮してしまい、今は確か20:00の閉店。私達は、営業時間変更日少し前に滑り込みセーフな感じでした♪

この日のデザートは、ミルフィーユ、そして、おかわりOKが嬉しい珈琲。



お店HPにも書いてありましたが、リーフパイとシュークリームの「いいトコ取り」デザートがこちらなのだそうです。甘さ控えめ&たっぷりのカスタードクリームが、美味しい!


この日は、GLOBEさんの関西旅行のお話に、Tomokoの千葉旅行のお話と、色んなお話を聞かせてもらって楽しかったです。私も旅に出たくなっちゃう! (そんな私は、どこへも行かずに相変わらず近所をウロウロ・笑)

そんなわけで、嬉しいお土産も。

Tomokoからは千葉「ハーブアイランド ベジタブルガーデン」のバジルペースト。そして、そのお隣は毎年恒例、猫さんカレンダー♪ 今回は寝猫LOVEな私にピッタリなカレンダーをいただきました (嬉)。仕事をする私を、日々寝ながら見守ってくれています(^^)。


GLOBEさんからは、京都鞍馬名物の木の芽煮(奥)とRomi-Unieさんのコンフィチュール(手前)。木の芽煮は、山椒と昆布のバランスがすっごく好みで、思わず白米たくさん食べましたョ! おいしかったー♪ 手前のコンフィチュールは、「Midi apres-midi」オープン1周年記念(2008年)に作られたオリジナルジャムなのだそうです。Midi apres-midi、いつかお店でタルト食べてみたいなぁ・・・('¬`)


この日が、2009年最後の東京ラー会でしたね。
皆さん、ありがとうございました!

また次回、楽しみにしてまーす♪

カテゴリ: ラーメン (& カフェ)

テーマ: ラーメン - ジャンル: グルメ

[edit]

Posted on 2010/02/15 Mon. 00:24    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Bookmarks

Now on Instagram

My favorite blogs

Twitter

My bookshelf

Search in this blog

Send mail

Access counter

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。