ひびまみ

フリーランス英日/日英翻訳者「まみ」のインドアライフ♪

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

「アルバイト探偵」シリーズ 



大沢 在昌 著の「アルバイト探偵(アイ)」シリーズを読みました。
元スパイで今はてんでやる気のない私立探偵「冴木涼介」と、その息子で高校生で、さらに涼介のアシスタントもこなす「隆(りゅう)」のストーリー(全6作)。

涼介が元スパイだったこともあり、やってくる案件は世界各国いろんな人間を巻き込んじゃいそうな、かなり壮大なものばかり。最初から「これはすごそうな予感」的なものもあれば、ちょっとした何気ない言動が、すごい事件に巻き込まれるきっかけになってしまうことも。複雑な背景だったり登場人物が多かったりすることも多々ありますが、分かりやすく描かれているので、スピード感を保ったまま読み進めることができるし、ストーリーにも入っていきやすいかな。

全編に渡り、ストーリーも会話もテンポがよく、たまに「くすっ(*^m^)」と笑えるコメディ要素もありつつも、しっかりと大沢テイストなハードボイルドに仕上がっています(「新宿鮫」シリーズほどではないけどね)。

不良親父涼介は、いいかげんそうに見えて「さすが!」なキャラ設定だし、アシスタントの隆は、高校生とは思えない探偵っぷりを見せつつも、「ああ、やっぱり高校生なんだ~(笑)」的なミスを犯してしまうことも。そのあたりの人間味溢れる(?)キャラ設定もなかなか。

もともと大沢作品が好きなのも手伝って、全編通して飽きることなく、すっごく楽しめました♪

ところで、こういうシリーズ作って、何作目か分かるようにナンバリングされていたり、発売されるたびにリアルタイムで買うことができれば「次はどれを読めばいいんだっけ?」って迷うこともないのですが、このシリーズは最新作が発売されてから早数年。しかもナンバリングは無し。

ということで自分用メモも兼ねて、以下に読む順番を記しておきたいと思います:

(1) アルバイト探偵(アイ)
(2) アルバイト探偵(アイ) 調毒師を捜せ
(3) 女王陛下のアルバイト探偵(アイ)
(4) 不思議の国のアルバイト探偵(アイ)
(5) 拷問遊園地―アルバイト探偵(アイ)
(6) 帰ってきたアルバイト探偵

「アルバイト探偵」シリーズ、面白かったです!
もっと続かないかな~^^

カテゴリ: 読書/映画鑑賞

テーマ: 読書感想文 - ジャンル: 小説・文学

[edit]

Posted on 2010/02/14 Sun. 01:28    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Bookmarks

Now on Instagram

My favorite blogs

Twitter

My bookshelf

Search in this blog

Send mail

Access counter

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。