ひびまみ

フリーランス英日/日英翻訳者「まみ」のインドアライフ♪

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

代官山周辺の坂 (& more!) 



前回の記事の続き】

「GRILL BURGER CLUB SASA」でのランチの後は、エリア散策に出発です。
とにかく本をたくさん買い、読んではどんどん売ってしまう私ですが、気に入りすぎて手放すことができない本が、これまでに数冊だけあります。そして、そのうちの1冊が、この日の散策に使った「タモリのTOKYO坂道美学入門」です。

この本は、日本坂道学会副会長(といっても学会メンバー数は2名・笑)のタモリさんが執筆したもので、都内各所にある由緒ある坂がエリアごとに散策ルートとしてまとめられ、紹介されています。私はこの本を使って過去数ルート散歩してみたのですが、ブログ記事にしたのは2年半くらい前の「恵比寿周辺の坂」くらいですかね。今年はカメラ片手にじゃんじゃん坂を制覇していきたいと思います♪

さて、今回の代官山周辺の坂(ちなみに本をお持ちの方、114ページです)ですが、代官山駅をスタートした後は、目黒川方面に向かって進み、玉川通り寸前で旧山手通り方面へ方向転換。通りに平行した一本裏道を代官山駅方面、最後は代官山アドレスを横目にみながら、代官山駅でゴール。3,490メートル、所要時間約45分のルートです。

というわけで駅をスタートした私達は、しょっぱなからルートを少し外れて(笑)、猿楽塚(トップの写真)へ。古墳時代末期の円墳「猿楽塚」は、「猿楽町」の名前の由来になっています。

そこから次は、目黒川方面へ坂をくだっていきます。その坂のスタート地点にあるのが、目黒元富士跡。


坂を下ります。目切坂です。鎌倉や箱根に向かう人々がかつて歩いた道です。関係ないけど、この落書きが妙に気になります。ラジーミヒン?




その後は、目黒川とほぼ平行に進みますが、途中にありますのが上村坂。単純に坂を楽しむため、ルートを一瞬外れて坂をのぼり、回れ右をしてくだり、ルートに戻ります。私が選んだルートなのに、なんかあまりにも坂が急で少し後悔・・・(でも、ちゃんとのぼっておりたよ)。


次は、相ノ坂。こちらは、池尻大橋駅出発渋谷方面へ向かう別の散策ルートにも含まれる坂です。玉川通りに程近いあたりにありますョ。坂は幅が狭く、背の高い建物に挟まれてる感じ。思わず目線も上向きです。




もうしばらくするとゴールなんですが、途中のおやつタイムは必須!「イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ」のサロンに行ってみました。一度行ってみたかったから、嬉しいな。

たくさん歩いたので、オヤツもたくさん。手前から、カシスのアイスクリーム、バニラのアイスクリーム、一番向こうがミルフイユ。ミルフイユは注文してからクリームを絞ってくれます(^^)。


サロンには本棚があって、本を自由に読みながらお茶できるみたいです。


最後に、自宅用&友人への手土産用に塩クッキーを購入。 初めて食べてみたんですが、おいしい~♪


さて、甘いもので元気を回復した後は、旧山手通りに平行してどんどん代官山駅方面へ。最後に代官坂を下ってゴール☆


お天気もよく、とても楽しい坂道ツアーでした。ありがとう!

さ、次はどのルートに挑もうかな~♪

カテゴリ: おでかけ

テーマ: 東京23区 - ジャンル: 地域情報

[edit]

Posted on 2010/02/01 Mon. 19:15    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Bookmarks

Now on Instagram

My favorite blogs

Twitter

My bookshelf

Search in this blog

Send mail

Access counter

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。