ひびまみ

フリーランス英日/日英翻訳者「まみ」のインドアライフ♪

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

シェ・カザマの・・・ 



「バゲット」をmeshiさんからお土産にいただいたョ、と前回の記事で書いちゃいましたが、違いました。てへ。
パンは大好きだし、自分の好みもそこそこ分かっているような気はするのですが(気がしてるだけカモ!?)、なんせパンに関する知識もボキャブラリも、驚くほど貧相でして(><)。ベーグルはたまに取り寄せてみたり、自分で焼いてみたりもするので、ベーグルに関係する言葉ならまだ少し分かるものの、それ以外は・・・。

というわけで、前置きと言い訳が長くなりましたが、「バゲット」じゃなくて、「バタール」をいただきました、が正解でした。

ちょうどいい機会なのでネットで色々と読んでみたのですが、その情報を軽くまとめてみると(もし間違っていたら、どなたかご指摘おねがいしまーす)、フランスパンは「小麦粉、塩、水、酵母を素材とするリーンなパン」で、バゲットやバタールはフランスパンカテゴリに含まれるパンなのだそうですね(もうそこから知らなかった・汗)。だからなのかな、と思うんですが、色んなサイトで「フランスパン(バゲット)」とか「バゲット(フランスパン)」みたいな表記をちらちらと見かけたような気がします。

でもって、バゲットを、「バゲット」と呼ぶ人もいれば「バケット」と呼ぶ人もいるそうなのですが、一応正解は「バゲット(bugget = 棒)」みたいです。ただ、発音しやすいからという理由で、バケットという表記や呼び方もかなり広く使われているそう。かばんを表す「バッグ」が「バック」と表現されたり、寝室の「ベッド」が「ベット」と表現されたりするのも、同じ理由(発音のしやすさ)からだと、そう言えばどこかのサイトにもありました。なるほど。

さらに「バゲット」と「バタール」というのは、同じ分量の同じ生地から作られているそうです(という事実も、私は今日初めて知っちゃった)。バゲットの場合は長さ約65cmと細長く、表面はクラスト厚め&多めで、パリパリっとした食感。バタールの場合は長さ約40cmと太く短めでクラスト薄めでふんわりした食感、ということみたいです。

と、自分用メモとして色々と書いてみましたが、きっと今日まで知らなかったのは私くらいですよね~。アハハ。でも、ご縁あってこうやって調べて学べる機会が出来て、感謝・感謝♪ (皆さん、私の調べ物結果に長々と付き合せてしまいスミマセン)

てなわけでmeshiさんからいただいたシェ・カザマの「バタール」なんですが、いつか行ってみたい「村上開新堂」で提供されているのだと、教えてもらいました。すごーい♪それを聞いたら、ますますお食事しに行ってみたくなりますっ(憧)。

このバタール、「まずは軽くトーストで、ぜひ!」とmeshiさんからアドバイスをいただいたので、いただいた次の日にまずはトースト。あまりにも形状が美しくて(表面のこういう切り込み、「クープ」っていうんですよね? それもさっき学びました☆)スライスするのに躊躇してしまうほどでしたが、いざナイフを入れてみると、抵抗は表面で一瞬のみ、中身(「クラム」って言うんでしたっけ?)はふんわり~♪ガマンできず、トースト前に思わず1枚食べちゃいました(^^)。

で、まずはトースト。サクフワで香ばしく、美味!


次は、いつかのブランチに、フレンチトーストにしていただきました。外側はバゲットで作るよりもやわらかく、食パンで作るよりはしっかりとした仕上がりで、中はシュワシュワふんわーり、です♪ メープルシロップは、カナダ帰省した時にWhole Foods Market 系スーパーの「Capers」というお店で毎度調達していまして、夫Cの好みによりNo.2 アンバーというグレードのものを使っています。ちなみにグレードの差は収穫時期の差で、遅ければ遅いほど、シロップの風味や色が濃厚になるそうで。アンバーは(たしか)最後から2番目の収穫期に収穫されたシロップのグレードを意味します。


最後は、オニオングラタンスープです。

まずはじっくりのんびり超弱火で、スライスした玉ねぎを炒めます。ちなみに分量は、1人分で大き目の玉ねぎ1/2個。

スタート⇒10分後

20分後⇒30分後

そこにコンソメスープ投入(鍋肌のコゲコゲが良い旨味になるので、同じ鍋をそのまま使用します)。ま、熱湯+顆粒コンソメの手抜きなんですけれども(笑)。スープと玉ねぎの味がなじんだら耐熱容器に移し、その上にスライスしたバタールをのっけます。


チーズをのっけて(普通にスーパーで売ってる、「とろけるチーズ」とかそんな感じです)、オーブン加熱してできあがり~。


meshiさんのおかげで、とってもおいしいバタールを、いろんなスタイルで楽しむことができました。

ありがとう & ごちそうさまでした(謝)!!

カテゴリ: 料理

テーマ: 料理 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

Posted on 2009/10/20 Tue. 23:35    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Bookmarks

Now on Instagram

My favorite blogs

Twitter

My bookshelf

Search in this blog

Send mail

Access counter

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。