ひびまみ

フリーランス英日/日英翻訳者「まみ」のインドアライフ♪

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

終末のフール 



伊坂幸太郎 著の「終末のフール」を読みました。
8年前のある日、テレビでニュースが流れた。

どのチャンネルも全く同じ内容のニュースで、「地球に小惑星が衝突する」と言っていた。「壊滅的な状況に陥る」と。

そのニュースはウソじゃないらしい、ということが分かるや否や、人々はどこへ行くつもりなのかとにかく逃げ出し、そうかと思えば終末を悲観して自分の命を絶つ者も現れ、はたまた他人の命を奪う者も現れ、そんなパニックに乗じて人や店から物を盗み去る者も。そんな状況の中で、5年という月日が過ぎ去った。残りあと3年。

仙台北部の団地「ヒルズタウン」の住民も、世界中の人々と同じく(地球の)余命宣告を受け、終末まで残り3年というところにさしかかる。終末が来る前に復讐を果たそうとする者、終末が来るのに新しい命を育もうとする者、終末が来るのを自分の目で確かめたいと願う者、終末が来ると知りながらもいつもと変わらない生活を送る者・・・


  


「終わり」が来ると分かった時、そしてその「終わり」が間違いなく決まったタイミングでやってくると理解した時、どうやって残りの人生を過ごしましょうか?何をやっても無駄と考えるのもありでしょうし、せっかくだから何かを成し遂げようと思い立つのもありでしょう。最後の最後まで絶望の中で過ごすのもありでしょうし、最後の最後まで希望を捨てずに過ごすのもありでしょうね。その時にならないと分からないことだけれど、自分だったらどうするのかな。あと3年。

私がこれまで「こういうのが好き~!!」って思っていた、スピード感とラストに向けての集束力のある伊坂作品とはちょっと違って、今回はどちらかというと、少しずつ色んなものが歩み寄っていく姿といった印象ですね。こういうのもたまにはいいかな、って思いながら、淡々とページをめくった感じになりました。

ちょっぴりのんびりペースの作品だからこそ今回は、他人の「終わり」のストーリーを読みながら「自分だったらどうするかな」と同時に考えることができますね。読者ひとりひとりが、本から与えられるストーリーに自分の思いを重ねることができるから、同じ「終末のフール」を読んでも、その感想は本当に人それぞれなんだろうなって思いましたョ。

終末まであと3年だとしたら。
それが揺るぎのない事実だと分かっちゃったら。
どうしましょうかね?

カテゴリ: 読書/映画鑑賞

テーマ: 読書感想文 - ジャンル: 小説・文学

[edit]

Posted on 2009/09/20 Sun. 14:29    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Bookmarks

Now on Instagram

My favorite blogs

Twitter

My bookshelf

Search in this blog

Send mail

Access counter

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。