ひびまみ

フリーランス英日/日英翻訳者「まみ」のインドアライフ♪

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

奇跡のリンゴ 



石川 拓治 著の「奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録」を読みました。
リンゴは、以前から、現在も、そしてこれからも、その生産過程に非常に多くの農薬を要する。具体的な農薬の種類や散布方法が時の流れと共に変化したとしても、「多くの農薬を要する」という事実は変わらない。

青森のリンゴ農家「木村さん」もまた、何の疑問も持たずに農薬を使っていた農家の1人だった。しかし、農薬を使うことで木村さんの奥さんが体調を崩してしまうことから、「農薬を一切使わずにリンゴを栽培することはできないだろうか」と考え始める。

単純に「農薬をやめちゃった」だけでは、リンゴは枯れていくばかり。なんだかこんなことを書くとヘンだけれど、リンゴの木は既に、農薬無しでは健全な状態を保てなくなってしまっていた。それでは、農薬の代わりに何が使えるだろうか? 人体に安全なモノで、リンゴの木や葉につく害虫を防げないだろうか??

リンゴは1年に1度しか収穫の時期を迎えない。だから、木村さんの「無農薬栽培」実験は、あれやこれやと試すうちに10年近くの時間がかかってしまい、もちろんその間、木村家の収入はゼロ。リンゴ以外の農産物も作っていたにはいたけれど、その収入は微々たるもので、一家はその日の食事もままならないほどの極貧生活を強いられる。

周囲の農家からは冷たい目で見られ、極貧生活の中で売れるものは全て売りさばき、家族に辛い思いをさせながらも成果を出せない自分。木村さんはついに「死」に救いを求め、ロープを持って山をさ迷い歩く・・・・

が、その時こそが木村さんの転機となる。木村さんはその山の中で、(もちろん)無農薬&無肥料でも青々と葉を茂らせる健康な木々の存在に気付き、その木々たちが何故ここまで健康なのかに気付く。木村さんはこれまで、木の状態や葉の状態、つまり、「地面の上」で何が起こっているかばかりに注目し策を講じようとしていたのだけれど、本当に大事なのは健全な土壌、つまり「地面の下」で何が起こっているのか、だったのだ。

それに気付いた木村さんは、土壌の質の改善に着手し、ついには無農薬リンゴの収穫を現実のものとする。


  


「信念を貫く」とかってね、言うのは簡単なんだけど、それを実行するってスゴイことなんだと改めて思いましたョ。そこには、決してブレない将来のビジョンがあって、それがいつか現実になると信じて進んで行くわけで。

ただ、そこまでなら「カッコイイ」印象なんだけど、人1人が何かをすれば、それが何であっても、周囲への余波は避けられないですよね。それがヨイことであっても、そうでなくても、大きな事でも、小さな事でも。木村さんの場合だと、家族がツライ目にあったり、木村さんのリンゴ畑の害虫がいつ自分の畑にやってくるのかと周囲の農家さんが戦々恐々としたり。

最終的に木村さんのお話は「めでたし、めでたし」なので、木村さんの行動が周囲に与えたストレスすら全てが美化されちゃってる面もあると思うけれど、彼の功績は、いろんな人達に支えられての功績だし、それなりの犠牲の上に成り立っているんですよね。

だから、木村さんの頑張り方が「正解」だったかというと、それは私には分からないんだけれども。

それでも。

頑張る人ってのは、素敵だよね。

カテゴリ: 読書/映画鑑賞

テーマ: 読書感想文 - ジャンル: 小説・文学

[edit]

Posted on 2009/08/19 Wed. 11:21    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Bookmarks

Now on Instagram

My favorite blogs

Twitter

My bookshelf

Search in this blog

Send mail

Access counter

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。