ひびまみ

フリーランス英日/日英翻訳者「まみ」のインドアライフ♪

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

だしと梅ささみの冷製カッペリーニ 



あっついねー!

特に、今日。っていうか、今。
ハーブに水やらなくちゃと思ってベランダに出たら、あまりにも暑くて日差しが強くて、「じゅっ」ってやけそうになったョ(笑)。

さて、麺喰いの私にとって「夏」といえばやっぱり「冷製パスタ」が食べたい季節。今回は、だしとパスタを組み合わせてみました。
だしと言えば、アレですよね。山形県の、だし。夏野菜を切って、塩水にさらして灰汁抜いて、醤油とかの調味料で味付けして、あとは冷蔵庫におまかせ! の郷土料理。

今回の私の「だし」には、胡瓜、茗荷、茄子、葱、そして紫玉葱が入っています。野菜がこんな風にコロコロとしていると、どうしてもパスタと野菜を別に口に運ぶことが多くなりそうなので、紫玉葱のスライスを大量投入してみました。これで、「だし」風味の玉葱スライスとパスタがからんでくれる(予定)なので、コロコロ野菜とパスタを別々に口に運ぶことになっても、玉葱スライスが味のつなぎになってくれそうです(という予感がしました)。

味付けは、白だしと、あとは、野菜からの水分におまかせです。全体をまぜてなじませ、冷蔵庫へ。時々様子をみながらまぜながら、半日ほど待てばできあがり。

梅ささみは、(わざわざ書くほどでもないですが)ささみをレンジで酒蒸しして、粗熱が取れたら、さいて、梅肉と和えておきます。

で、食べたい分量の「だし」をボウルに小分けして、少量のサラダ油にごま油を数滴、ゆでて冷水でしめたカッペリーニを和えて、最後に梅ささみを投入してざっくりまぜます。

お皿に盛って、刻んだ紫蘇をトッピングして、完成~♪

火を使うのはカッペリーニをゆでる時だけだし、カッペリーニはゆで時間が短いので、夏のキッチンの味方ですよネ!


カテゴリ: 料理

テーマ: 料理 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

Posted on 2009/08/07 Fri. 09:32    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Bookmarks

Now on Instagram

My favorite blogs

Twitter

My bookshelf

Search in this blog

Send mail

Access counter

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。