ひびまみ

フリーランス英日/日英翻訳者「まみ」のインドアライフ♪

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

パスタ。 



以前紹介したボロネーズ/ミートソースなんですが、あれからもちょくちょくと大量に作っては、ジップロックに小分けして冷凍庫に保存しています。以前の記事ではパスタにソースをのっける「ミートソース」タイプを作ったので、今回はパスタにソースをからめる「ボロネーゼ」タイプにしつつ、せっかくソースを手作りしたんだし、ということで、麺も手作りしてみました。
トップの写真は、今回打ったタリアテッレ。幅広平打ち麺(7mm幅くらい?)で、仕上がり100gくらいかな。麺同士がくっついてしまうのを防ぐため、パスタマシンのカッターに生地を通した直後、麺にはしっかりと打ち粉を振っておきます。こんな時、麺を干しておけるパスタラックがあればヨイのですが、パスタを打つたびに「欲しい~!」と思うわりに、次の日あたりにはそんなことを思ったことすらスコーンと忘れていたりして、結局未だ購入できていません。でも、便利そうだから、いつかは買おう♪ (とこれまでに、何度そう決意したことでしょう・笑)

手打ちパスタの茹で時間はだいたい3分くらいかな。材料に「塩」が含まれているので、お湯への塩分投入は控えめに。また、ゆでている間に麺同士がくっついてしまわぬよう、お湯にはオリーブオイルもちょこっと加えておきます。

というわけで、できあがり。


ところで、今回は、強力粉150g + 薄力粉50g、卵Mサイズを2個、塩小さじ1.5、オリーブオイル小さじ2という配合でした。生地をねかせた後に2等分し、半分は上で紹介したタリアテッレに、あとの半分はペンネにして冷凍保存することに。

ペンネを作る時はまず、パスタマシン(または麺棒)で生地をのばして、


3cm x 3cmくらいの正方形に切りそろえます。私は超面倒くさがり屋なので見るからにフリーハンドな偽正方形ですが、キレイに切りそろえたい場合は割り箸なんかをガイドにするとヨイかも? ちなみに、中途半端な切れ端は、再度まとめてのばし、また正方形に切りそろえます。


そしたら次は、対角線上にある角どうしを重ねて、ぎゅっと圧力をかけて生地をくっつけます。これでペンネのできあがり。なんか不恰好なのばかりですが、食べてしまえばみんな一緒! それもまた手作りの良さということで(^^)。


全部に打ち粉をまぶし、バットに並べてラップしてしばし冷凍庫へ。凍ってカチカチになったらジップロックに移して保存します。だいたい1ヶ月くらいは保存可能です。


・・・と書いてはみましたが、我が家には食いしん坊が2人暮らしているので、1ヶ月とかもったためしがないような(笑)。このペンネも、きっと来週の今頃には、誰かのおなかにすっかりとおさまっていることでしょう(^^)。

カテゴリ: 料理

テーマ: 料理 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

Posted on 2009/06/06 Sat. 03:11    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Bookmarks

Now on Instagram

My favorite blogs

Twitter

My bookshelf

Search in this blog

Send mail

Access counter

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。