ひびまみ

フリーランス英日/日英翻訳者「まみ」のインドアライフ♪

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

定額給付金のお知らせ。 



私が住んでいるエリアでも数週間前に、定額給付金の申請書がやってきました。

我が家は、日本人である私とカナダ人である夫Cの2人構成でして、夫Cは英語がメインの人間です。日本で暮らし始めて10年は少なくとも経っているので、そろそろ日本語での会話はスムーズになってきましたが(でないと困るョ・笑)、やはり難しいお話は英語ということになります。で、その「難しいお話」って何かと言うと、税金関係とか行政手続き関係とかですかね。例えば、確定申告とか、住民税とか、日本で暮らすためのビザ更新手続きとか、そんな感じ。そういえば、運転免許関係もそうでした。

で、定額給付金。

夫Cにも申請&受給資格があるわけなのですが、ここは日本なので、こういう手続き関係の通知書やら申請書やらはもちろん、日本語で書かれているだろうと推測するのが無難です。今回も当然、全部日本語で書かれていて、私が一から全部説明しないといけないんだろうなあ、と(ぶっちゃけ)ちょっぴり面倒な気分になっていました。

が・・・

私と夫C宛てに同じ日に届いた申請書、なぜか夫Cのはやたらと封筒が分厚い。なんだなんだ?と思っていたら、夫Cには、多言語バージョンの申請書が届いていました。英語はもちろん、簡体字に繁体字、ハングルにスペイン語にポルトガル語も(ということは、私が暮らすエリアでは、これらの言語を話す人々が暮らしているんですねぇ)。

一応日本語で書かれた通知書も同封されていましたが、それにはびっちりとルビが振ってありました。あらま、親切♪


結局のところ、自分の申請書を準備しがてら夫Cの申請書も私が作成しちゃったのですが(もちろん夫C同意の上でですョ)、それでも多言語バージョンがこうやって同封されていると、事の背景を説明したり、実際の手続き方法なんかを説明する手間が省けちゃって、ありがたいナ~と思ったのでした(^^)。

皆さん、給付金の使い道はもう決めましたか?

カテゴリ: いろいろ

[edit]

Posted on 2009/05/16 Sat. 03:24    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Bookmarks

Now on Instagram

My favorite blogs

Twitter

My bookshelf

Search in this blog

Send mail

Access counter

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。