ひびまみ

フリーランス英日/日英翻訳者「まみ」のインドアライフ♪

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

R&B in 横浜関内 (& KIHACHI ITALIAN in みなとみらい) 



ある日の午後、いつものように引きこもっていると、清んちゃんから「おいしいラーメン発見!」という嬉しいメールが♪ それならばさっそく行きましょう!! と、ものすごいスピードで計画を立てて、あっという間に行ってまいりました(^^)。
場所は、JR関内駅(北口)から徒歩1、2分かな? CERTEという商業施設の裏手にある「R&B」というお店です。2008年12月にオープンしたお店だそうで、「R&B」の「R」は「ラーメン」を、「B」は「バー」を意味し、昼間はラーメン屋さん&夜はバーという営業形態なのだとか。

お店に入るとバーカウンター(10席もなかったような?)とテーブル席(4人がけ x 2卓くらいだったかな?)があって、私達はテーブル席へ案内されました。お店の方にオーダーを伝えてしばらくすると、キッチンからラーメンが運ばれてきます。もちろんラーメン屋さんによっては、「スープ=企業秘密」的な意味で厨房をお客さんから見えない所に配置する場合もありますが、多くのラーメン屋さんはカウンターからラーメンを作っている様子が見える感じになっているので、なんだか「キッチンから運ばれてくるラーメン」というのが、非常に斬新な感じ!

さて、トップの写真は、清んちゃんが一目ぼれしたという塩ラーメン「sio」に、味玉がプラスされたものです(この時は何かのイベント?キャンペーン?で味玉はサービス・嬉)。まろやかな魚介ベースの塩味で、少し甘味も感じられるあっさり味。むむ! これはとってもまぁるく上品にまとまったおいしいスープ♪ チャーシューはしっとりとやわらかいし、味玉もトロトロ加減が美しい。そして麺は、細麺ストレート。これを食べたら、関内駅周辺でお仕事されている方々が一気にうらやましくなりました。私だったらランチに何回でも通ってしまいそう(^^)!!

まろやかあっさり味の塩スープは思いのほか塩分が多めだったみたいで、後でめさめさ喉が乾いちゃったんですが、それを差し引いても、とってもおいしい一杯でした。駅からも近いし、これはまた行きたくなっちゃう予感がしますョ☆




さて、おいしいラーメンの後は、のんびりとみなとみらいまでお散歩です。この日は文字通り、「雲ひとつ無い快晴」でした。暑くもなく寒くもなく、とっても気持ちイイ!


桜の季節が終わりかけた頃のこの日、大岡川の水面には桜の花びらが


私達はそのままクイーンズイーストへと歩き、「KIHACHI ITALIAN」でおやつタイムです。数年前に友人夫婦とランチで来たのが最後だったので、なんだかとっても懐かしい(^^)。

こちらは清んちゃんのヴェルデ・ティラミス。あずき入りマスカルポーネクリーム&抹茶生地のティラミスです。鮮やかなお抹茶色がキレイー!


私は(相変わらず)苺デザートを。フラーゴラトルタという苺タルトです。クレーム・パティシエール(カスタードクリーム)とクレーム・ダマンドのダブルクリームのフィリングの上にたっぷりの苺。苺はもちろんですが、クリームもタルト生地もおいしかったなぁ。


この日は、雑貨屋さんをちょこちょこと見てみたり、ユニクロもチェックしてみたり、そしてお茶しながらもちろんたくさんオシャベリもして、楽しい一日でした。清んちゃん、この日もありがとう! そして次もまた、楽しみにしてまーす☆


清んちゃんの「R&B」レポはこちら、「KIHACHI ITALIAN」レポはこちら

カテゴリ: ラーメン (& カフェ)

テーマ: ラーメン - ジャンル: グルメ

[edit]

Posted on 2009/05/13 Wed. 03:18    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Bookmarks

Now on Instagram

My favorite blogs

Twitter

My bookshelf

Search in this blog

Send mail

Access counter

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。