ひびまみ

フリーランス英日/日英翻訳者「まみ」のインドアライフ♪

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

使えない男 



秋口にいつもの美容室でいつものスタイリストさんに髪をそろえてもらっていた時、「夏休みはどうしてたの~?どこか行った~??」という話になりました(ありがち? 笑)。私は夫Cとカナダへ帰省したというハナシをかいつまんでし、次にスタイリストさんのIさんに「それで? Iさんは? 彼女と海外??」と聞いてみました(10年近く担当してもらっていて年齢も近いので、お互いお友達感覚デス♪)。

するとIさん、「今年はね、沖縄行きましたよ。自分ね、英語できないんですよ~。ぜんっぜん。だからできれば国内で旅行したいんです。将来は新婚旅行も、できれば国内がいいなあ~^^」とのこと。そこで、「彼女さん、英語は? ちょっぴりならOK?」と聞いてみると、どうやら彼女さんも英語は苦手な様子。

「ハワイとかカナダとか、連れて行ってあげたいんですけどね・・・」 Iさんはそう言って2秒ほどう~んと考えた後、太陽のような笑顔でこう言ったのでした。

「俺、ほんっと使えねえ男なんッスよ(^▽^)」

その時は2人大爆笑してこの話題は終わりましたが、私はこの一言で自分を担当してくれているIさんが、また好きになっちゃいました。

Iさん、本当は「使える男」なんです。
(もちろん、私はお店の中のIさんしか知らないのですが)

例えば美容室に行ってそこに私以外にもお客さんがいるとして、その全員がIさんを指名していたり、髪の毛や頭皮の化学や、シャンプーやスタイリング剤なんかの選び方を素人の私にもすっごく分かりやすく説明してくれたり、1ヶ月前の話題を覚えていて「で、あれどうなった?」と自然にその続きに戻れたり、私が本や雑誌に集中している時は無理に話しかけずそうっとしてくれたり。もちろんカットもカラーリングも希望通りに仕上げてくれます(でも私の希望が無謀すぎて似合いそうもないときには、ハッキリそう言ってくれます♪)。

そんなIさん、担当になってくれた時にはそのお店の中のスタイリストさんの1人でしたが、どんどん昇進を重ね、今ではすっかり店長さんです。そして、Iさんが自分の技術と知識にものすごーく自信と誇りを持っているのが、話をしていてよく分かります。

それでも、「できないことは、できないよ~」と言える潔さを持つIさん。
すっごくステキだなって思いました。

人生経験のすごーく浅い私ですが、それでもこれまで色んな人に出会い、時には、出来ないことを出来ると言う人や、知らないことを知っていると言う人に出会ったこともありました。もちろん自分でも、そんな態度を取ってしまいたいという衝動にかられる瞬間が無かったといえばウソになります。

けれど、Iさんのあの一言で、「自信のあることには誇りを持とう、そうでないことは謙虚な姿勢で学んでいこう♪」って改めて思いました。

日常生活でも仕事でも、そんな人に、なりたいな。

カテゴリ: いろいろ

[edit]

Posted on 2006/12/16 Sat. 17:19    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Bookmarks

Now on Instagram

My favorite blogs

Twitter

My bookshelf

Search in this blog

Send mail

Access counter

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。