ひびまみ

フリーランス英日/日英翻訳者「まみ」のインドアライフ♪

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

裁判長!これで執行猶予は甘くないすか 



北尾 トロ 著の「裁判長!これで執行猶予は甘くないすか」を読みました。
本書は、裁判傍聴マニアである著者による裁判傍聴記で、私は読んでいないのですが「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」の続編です。Amazonのレビューによると、最初の「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」は2年間にわたる東京地裁での傍聴記録をまとめたもので、著者が素人傍聴人からプロ(?)の傍聴人になる過程が垣間見えるのだとか。とすると続編となる本書は、プロが綴る裁判傍聴記、ということになるのでしょうか?

そもそも「一般人」である著者は、裁判を傍聴する理由を「おもしろいから」という野次馬根性であること恐れずに表明しながら、個々の案件の事件性のみならず、裁判に登場する人物(被告人、裁判官、証人、弁護人、検察官、たまに他の傍聴人等)が見せる「人間ドラマ」に注目しています。

著者が求める裁判は、「味わい深く、コクのあるもの」なんだそうで、最初のうちはそれが一体どういうことなのかと、私の頭の中は「???」でいっぱいでした。というか、犯罪も被告人も裁判もそれこそ十人十色で、そりゃあたまには被害が最小限に食い止められた事件もあるのでしょうが、それでもそこには間違いなく、被害者の存在があるわけです。だから、そこに「味わいとコク」を求め、それが足りない裁判の後は「イマイチだったから、もう一つ裁判をはしごしよう」的な著者の行動って、それってどうなの・・・?と、正直なところ不快に思う瞬間も多々ありました。

そんなワケで数回ほど、途中で読むのをやめちゃおうかなと思ったのですが、気を取り直して読み続けているうちに、ホンのすこしだけど、著者が何をもって「味わいとコク」を感じるのかが、分かってきたように思います。つまり、先ほど書いたように、事件もいろいろ裁判もいろいろ・・・ならばそこでの登場人物ももちろんいろいろなわけで、著者の目には、全ての裁判官が正義と法律との微妙なバランスの中で、被告人の心に訴えかけるような真摯かつ納得の行く判決を出すわけではなく、全ての被告人が「本心から」後悔の涙を流すわけではなく、全ての弁護人が被告人の利益を真剣に追求しているわけではないように映るわけです。

そうすると、登場人物全員が案件に真剣に取り組み、その結果、大岡裁きではないけれど、公正で人情味のある判決が下った時に、著者はそこに「味わいとコク」を感じるようなのです(という感想に私個人は至りましたが、このあたりは読む人それぞれだと思います)。

ただ、読みながら登場人物に感情移入してしまう傾向のある人には、おすすめできない一冊かも。常に「本の中の出来事」と意識して、「自分は傍聴人を観察してるんだ」程度の気持ちで読まないと、この本の存在自体が不謹慎なものに思えちゃう可能性アリです。

非常に複雑な気持ちで読んだ一冊でして、面白いかそうでないかという判断は難しい、というのが正直なところです。ただ、これまで全く読んだことのないジャンルだったから、興味深い一冊ではありました。

カテゴリ: 読書/映画鑑賞

テーマ: 読書感想文 - ジャンル: 小説・文学

[edit]

Posted on 2009/03/19 Thu. 10:15    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Bookmarks

Now on Instagram

My favorite blogs

Twitter

My bookshelf

Search in this blog

Send mail

Access counter

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。