ひびまみ

フリーランス英日/日英翻訳者「まみ」のインドアライフ♪

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

スパゲッティミートソース(長文) 



ふと思い立って、時間をかけてノンビリ作ってみました。

自分がまだ小さかった頃って「スパゲッティミートソース」ってよく言ってましたが、今では「ボロネーゼ」ってばっかり言ってる気がします。っていうか、ミートソースという言葉を見かけるのって、レストランメニューの「ボロネーゼ」の説明文くらいかなあって思うんですよね。

んじゃあ、ミートソースとボロネーゼって違うの?
・・・って疑問に思ったのは私だけじゃないらしく、「ミートソース ボロネーゼ 違い」をキーワードにググってみるとヒット数17,600件。やっぱりそうよね。ちょっぴり疑問に思うよね。

何が違うかっていうと色々とあるみたいですが、まずは分かりやすいところから、①「英語とイタリア語」という違い。そして次に、②「ミートソースは(トップの写真みたいに)ゆでたパスタの上に乗っかってて、ボロネーゼソースはゆでたパスタに絡めてある」という違い。なるほど、なるほど。そして、もうちょい「なるほど感」の強い(?)説明としては、③「ミートソースの方がボロネーゼソースよりトマトを多めに使い、さらに、ボロネーゼソースでは最後の味調整にトマトが使われるけど、ミートソースはわりと最初っからトマトを入れて煮込む」という違いがあるそうです。ちなみに③については、どうやらボローニャ地方におけるトマトのアベイラビリティに起因する違いのようですョ。

さすがグーグル先生。
聞けば何でも(というワケにもいかないんでしょうが)教えてくれますなあ。

さてさて、話は戻って今回のミートソース。っていうか、気持ちとしては(レシピ的にも)ボロネーゼソースを作ったんですが、最後の最後でパスタの上に乗っけちゃったんで、ミートソース扱い・・・ってことでいいんですかね? いいとしよう(笑)。

でもレシピ的には、やっぱり「ボロネーゼ」なわけで、私が現在使っているレシピがどこからやってきたかというと、昨年秋に放送された「日立 世界ふしぎ発見!」の「イタリア美食街道の魔力」の回でした。その日たまたま観てたら、なにやら有名なイタリアの料理研究家さん(らしき女性)が、ミステリーハンターさんにボロネーゼソースの作り方を指南していたんです。

それがとてもおいしそうだったので、その場でメモメモ(・・・したわりには、上のリンク先にもレシピ、掲載されてました・笑)。その後数回作ってみましたが、オイシイ~!すっかり我が家の定番メニューになっています。

トップの写真でソースがパスタに絡まっていないのは、ソースを大量に作ったため。パスタとの絡め用に別途フライパンを出すと洗い物が増えちゃうんで(とは言っても、洗い物担当は夫Cなんですが)、ソースを作った日は、パスタの上にお玉でどすんとソースを乗っけて、「スパゲッティミートソース」仕様でいただきます。残ったソースは一回分ずつジップロックして冷凍庫保存し、後日改めて(今度こそ)「ボロネーズ仕様」で食べることになります。ちなみに、ソースをハンバーガーのバンズ(とか食パンとか)の上に乗っけると、今度は「sloppy joe」と呼ばれる一皿に変身デス(これもまた、簡単でなかなかオイシイ^^)。

レシピは、とってもシンプルで簡単。ひたすらみじん切りして、ひたすら炒めて、ひたすら煮込みます。「夜に食べよう!」 と思った時には、まだ明るいうちに作り始めるタイミングで、かなりおいしく仕上がると思います。たまに水を足しながら数時間クツクツと煮込むのですが、その間、状態をチラリチラリとチェックしながら、仕事をしつつ、たまーに味見もしつつ。いい香りが部屋をまるっと包み込んで、幸せな時間です(^^)。

ところで、どのレシピにも「次のステップに移るタイミング」みたいなのが書いてあると思うのですが、それが「嗅覚」に頼ることが多いのが、今回のレシピの特徴かなと思います。

普段よく使うレシピだと、例えば「表面に焼き色がついたら・・・」とか「火が通って透き通ってきたら・・・」と、視覚で判断して次の段階に進むことが多いと思うのですが、このボロネーゼソースのレシピは、「炒めた野菜の香りが、個々の野菜の香りではなく『野菜』という香りになったら・・・」とか「赤ワインを入れた後の挽肉&炒めた野菜の香りが、ワインの香りから肉の香りに変わったら・・・」という感じなんです。言葉にすると長いのですが、実際に試してみると納得の説明です。野菜も肉も確かにこのレシピに書かれている通りに香りが変化していくので、要所要所でタイミングを外す事がなく、タイミングを外さないから失敗することもありません♪

最近では仕上げにウスターソースを使ってみたり、ケチャップを使ってみたり、気が向くとナツメグを入れてみたり、胡椒の実を粗く砕いて入れてみたり。とにかくシンプルなレシピなので、その日の気分でのアレンジも楽しい(^^)。

世の中いろんなパスタ料理がありますが、たまには子供の頃を思い出して「スパゲッティミートソース」もいいもんだなぁ、などと、パスタの上にソースを乗っけながら思ってみたりしたのでした。

[おしまい]

カテゴリ: 料理

テーマ: 料理 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

Posted on 2009/02/18 Wed. 00:16    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Bookmarks

Now on Instagram

My favorite blogs

Twitter

My bookshelf

Search in this blog

Send mail

Access counter

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。