ひびまみ

フリーランス英日/日英翻訳者「まみ」のインドアライフ♪

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

重力ピエロ 



(またまた)伊坂幸太郎著の「重力ピエロ」を読みました。

ずっしりと重いテーマが、重力を感じさせないピエロの動きのように軽妙に語られると

・・・そのテーマはさらに重くなって、心にのしかかってくるのかも。
主人公「私」は、ごくごく普通の会社員。
その弟「春」は、「私」の母親がレイプされた時の子ども。
母親は既に他界し、父親は末期がんを患って入院中。

ある日、壁の落書き(グラフィティアート)消しを専門業とする「春」から、「私」が勤める会社が放火にあうかもしれないとの連絡が。「春」によれば、最近発生している連続放火事件にはルールがあり、それは、「特徴的なグラフィティアートが書かれるとその近辺で放火が起こる」とのこと。

病床の父親をも巻き込んだ連続放火事件の謎解きが始まり、そこで「私」が見たものは。「春」が出した結論とは。父親がたどり着いた謎解きの答えとは。

レイプ、レイプの結果身ごもった子どもの運命、連続放火事件、そして末期がんというヘビーな題材がギッチリとつまった話の展開にも関わらず、その全てが、登場人物らによるかる~い感じの会話を中心に、明るく、サラサラと語られています。そして、その明るさに反比例して、暗く重い部分がインパクトを強めながらさらに暗く重くなっていくような感触が、心の中でありました。

最後はちょっぴり切なく、ちょっぴりサワヤカに(賛否両論あると思いますが)。
そして、「ラッシュライフ」のアノ人も、いい味出しながら登場♪

今回も、一度読み出したら止まらな~い(^^)! で、一気読みしちゃいました。
伊坂さんブーム、私の中でまだしばらく続きそうです♪

  
  


冬なので(?)、強めのバター風味でホタテが食べたくなりました。


ホタテ、玉ねぎ、コーンという、バターに合いそうな王道コンボを、細めのスパゲッティで。最後はチャイブを軽くトッピングしてみました。ラーメンもうどんも大好きだけど、読書しながら一番食べやすいのはパスタかな(笑)。

・・・・と、今年の目標「簡単でもいいからできるだけお料理する」も一応実行中と、ここでこっそりアピール♪

カテゴリ: 読書/映画鑑賞

テーマ: 読書感想文 - ジャンル: 小説・文学

[edit]

Posted on 2007/01/25 Thu. 13:27    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Bookmarks

Now on Instagram

My favorite blogs

Twitter

My bookshelf

Search in this blog

Send mail

Access counter

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。