ひびまみ

フリーランス英日/日英翻訳者「まみ」のインドアライフ♪

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

逃亡くそたわけ 



絲山 秋子 著の「逃亡くそたわけ」を読みました。

これまで3冊程絲山作品を読みましたが、どれもまるで別人が書いているようで、なんだか不思議! 今回は、精神病院から逃げ出した男女2人のドタバタロードノベルです。
精神病院から脱走した躁うつ病の「あたし」と、その脱走にいつの間にか巻き込まれてしまううつ病の「なごやん」は、とにかく病院から遠くへ遠くへと、なごやんのオンボロ車で九州縦断の旅へ。途中「あたし」の思い出の地や九州の観光名所に立ち寄ったり、車中泊したり、喧嘩したり、症状に悩まされたりしながらも、とにかく前へ前へと旅は進みます。

「形」として表現するなら、2人の旅は「太く短い」旅。どんどんといつまでも続きそうイキオイの旅なのに、なぜかその裏にはいつも、この旅が今にもあっけなく終わってしまいそうな予感を感じさせる空気が。だからこそ、この旅の行方が気になって仕方なくなっちゃうんですね。

突然始まり突然終わる1週間程度の逃亡劇(!?)でしたが、とても印象的で楽しく、時に辛く切ない、盛りだくさんの旅でした(←思わず、自分も一緒に行った気分になっちゃいました^^)。

ところで、本の帯に「映画化」の文字を見つけたのでさっそく検索してみたら、昨年の10月に映画化されていたようです(http://www.cinehouse.co.jp/toubou/ ←注:音の出るサイトです)。そのうちDVD化されると思うので、そしたら観てみようかな。映画の原作が面白いと「映画を観てがっかりしたくない」という気持ちと「試しに映画も観てみたい」という気持ちの両方が同時に生まれちゃうのですが、私は映画の評判がよっぽど悪くないかぎり、映画も観てみたいタイプかな。皆さんはいかがですか??


  


久しぶりの、ハーゲン活動報告(^^)。

先月の中旬に発売された、「クランチマカデミアブリトル」です。


基本的にはバニラアイス+ミルクチョコのコーティングなんですが、バニラアイスにはマカデミアブリトル(←細かく砕かれたマカデミアナッツ、な感じです)が、そして、ミルクチョコはマカデミアブリトルとライスパフが入っています。


ライスパフ入りのチョコって食感が好きデス♪
味は、 他にもインパクトのあるハーゲン商品がたくさんあることを考えると、「普通においしい」という感じかな? でも、こういうチョココーティングってカップでは味わえないので、同じバニラアイス味&チョコ味でも、たまにバータイプを食べるとなんとなく新鮮な感じがしますね。

カテゴリ: 読書/映画鑑賞

テーマ: 読書感想文 - ジャンル: 小説・文学

[edit]

Posted on 2008/03/24 Mon. 22:44    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Bookmarks

Now on Instagram

My favorite blogs

Twitter

My bookshelf

Search in this blog

Send mail

Access counter

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。