ひびまみ

フリーランス英日/日英翻訳者「まみ」のインドアライフ♪

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

フィッシュストーリー 



伊坂 幸太郎 著の「フィッシュストーリー」を読みました。

これまで読んだ伊坂作品の、あの人やらこの人やらと再会してきました(^^)。
短編集「フィッシュストーリー」に収録されているのは4編(「動物園のエンジン」「フィッシュストーリー」「サクリファイス」「ポテチ」)。うち2編には、色んな作品にちょこちょこと顔をだす「あの人」が、主役、準主役レベルで登場します。「あの人」は相変わらず冷静で、この本の中で誰かも言ってますが、「彼の言うことはいつでも何でも正しい」ような気がしてきちゃうから不思議です(^^)。もちろん他の伊坂作品を読んでいなくても楽しめる一冊だと思いますが、読んでおいた方が「あ、あの人が!」的な楽しみはあるかもしれません。ちなみに私は、「あの人」が、準主役レベルで登場する「ポテチ」が好きだったかな。ちょっぴり「重力ピエロ」を彷彿させるような、「家族」をテーマにしたストーリーです。

久しぶりに伊坂作品を読む機会に恵まれましたが、読み出した瞬間に「そうそう、これこれ、この感じ!」と、軽妙な文章に脳が反応しました♪相変わらずのノリに、過去現在未来の絡み合いが楽しい~。でも、やはり長編小説と比べると少し淡白な感じがしないでもないかな? ちなみに「死神の精度」も短編集ではありましたが、こちらは主人公キャラが立ちまくりだったので、最後まですごいインパクトでした(そういえば、映画化されるんだよね?)。

しばらく伊坂作品から離れていましたが、またたくさん読みたくなってきました! 次は何読もうかな~(^^)。

カテゴリ: 読書/映画鑑賞

テーマ: 読書感想文 - ジャンル: 小説・文学

[edit]

Posted on 2007/11/27 Tue. 23:58    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Bookmarks

Now on Instagram

My favorite blogs

Twitter

My bookshelf

Search in this blog

Send mail

Access counter

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。