ひびまみ

フリーランス英日/日英翻訳者「まみ」のインドアライフ♪

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

アヒルと鴨のコインロッカー 



サンデーシャンパンブランチに行った日、MAKIちゃん、GLOBEさん、そして私はちょっと早めに恵比寿ガーデンシネマに集合して、映画「アヒルと鴨のコインロッカー」を観ました(MAKIちゃん、チケット手配ありがとうございました!)。

伊坂幸太郎著の原作を数ヶ月前に読んだのでストーリー展開はまだ記憶にあたらしく、映画を観ながら「そうそう、そうだった」と本の内容を復習する感じ。逆に、そうできるほど、映画が原作に忠実だったとも言えると思います。

ところで、伊坂作品では、過去と現在のストーリーが交互に語られていったり、それぞれの登場人物のストーリーが断片的に語られたりしながら、それらのつながりが本の最後の方で見えてくる、というパターンがよくあるような気がします。「アヒルと鴨のコインロッカー」も例外ではなかったので、「いったいどうやって映像化するんだろう??」と疑問に思っていましたが、映画を観て「なるほど~」という感じでした。

初めて観た伊坂作品の映画版が「陽気なギャングが地球を回す」でかなり「えー!?」的な衝撃を受けてしまったため、今回どうなっちゃうんだろうと思っていましたが、とってもいい映画でした。観て良かったナ^^。

次に映画化される伊坂作品は「死神の精度」ですよね。
私が初めて読んだ伊坂作品。公開されたら観に行かなきゃ =3


カテゴリ: 読書/映画鑑賞

テーマ: 映画感想 - ジャンル: 映画

[edit]

Posted on 2007/08/16 Thu. 01:05    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Bookmarks

Now on Instagram

My favorite blogs

Twitter

My bookshelf

Search in this blog

Send mail

Access counter

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。