ひびまみ

フリーランス英日/日英翻訳者「まみ」のインドアライフ♪

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

AV男優 



家田 荘子 著の「AV男優 」を読みました。

この仕事を選んだきっかけが何であっても、プロとして「AV男優」という仕事に携わることは物凄く大変なこと。「体で稼ぐ仕事」の大変さに、驚きの連続でした。
15人のAV男優さんと対談し、ある時は自宅を訪問し、またある時は撮影現場を取材してまとめられた「AV男優」。男優さんが男優さんになったきっかけは本当にさまざまで、単純に「好きだから」だったり、「元は撮影側だったけれど、誘われて」だったり、「借金返済のために」だったり。

入口へのきっかけはふとしたことでも、プロとしてやっていくのは本当に大変。売れっ子さんだと撮影スケジュールが詰まっているからもちろん体調を十分に管理しなくちゃいけないし、撮影中には相手の女優さんに気を使わなきゃならなかったり、監督に求められるタイミングで行為ができるよう自分の体をコントロールできなきゃいけなかったり。

詳細に渡って描かれた撮影現場の様子は、題材が題材なだけにエッチ度かなり高いです。でも、その描写を通じて、男優さんたちが言葉どおり「体で稼ぐ」その瞬間を、バーチャルに目の当たりにすることができます。

どんなお仕事でも、本気でプロの道を歩むというのは、大変なことなんだなあとしみじみ感じました。とてもとても興味深い一冊でした。

カテゴリ: 読書/映画鑑賞

テーマ: 読書感想文 - ジャンル: 小説・文学

[edit]

Posted on 2007/08/05 Sun. 17:28    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Bookmarks

Now on Instagram

My favorite blogs

Twitter

My bookshelf

Search in this blog

Send mail

Access counter

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。